【第8話】いざ婦人科へ!【妊活ブログ】

妊活から不妊治療へ

私が行った産婦人科は総合病院の産婦人科ではなく、個人が経営している小さい産婦人科でした。

この産婦人科を選んだ1番の理由としては個人病院の産婦人科はすいていて、総合病院の産婦人科は混んでいそうというイメージが強かった為です。

(のちに総合病院の産婦人科にも通うことになるのですが、結局総合病院の産婦人科も個人病院の産婦人科も待ち時間は長くどちらも差はあまりありませんでした。)

いざ受付を済ませ、待合室へ行くとそこにはびっしり待っている方が居ました。

待ち時間は約2時間くらいでかなり暇でしたね。小説か何か持っていけばよかったと後悔しました。

担当医は寡黙でポーカフェイス

私を担当してくれた医師は男性であまり多くは語らない寡黙なタイプの方でした。

私が勝手に緊張していただけかもしれませんが、相談しにくい感じの先生だなという印象がありました。

不妊治療でクラミジア検査!?

私が一番最初にやった不妊治療はホルモンの値を調べる為の採血とクラミジア検査でした。

クラミジア検査をすると言われた時私はクラミジアに感染するような覚えも症状もなかったですしそもそも妊娠と一体なんの関係が!?と困惑してしまいました。

しかしクラミジア感染には不妊症の原因になる場合があるらしく、私の通っていた産婦人科では妊娠を希望している方にまず初めにクラミジア検査を進めているとのことでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました