【第2話】え?私って不妊症なの!?【妊活ブログ】

健康な男女の妊娠率

一般的に健康な男女が避妊をせず性交を行っている場合、全体の80%の夫婦が1年以内に妊娠することができ、2年以内では90%の確率で妊娠する事ができると言われています。

妊娠・出産に最適な年齢とは 女性が自然に妊娠・出産するのに最適な年齢は20歳前後とされており、遅くとも35歳までが望ましいと考えられています。

30歳を超えると女性の身体は自然に妊娠する確率が少しずつ下がり35歳くらいからは急降下します。更に流産やダウン症などの胎児異常が増えてきます。

45歳を過ぎると生理や排卵があっても、赤ちゃんをつくるだけの強い卵子ができなくなってしまい体外受精や顕微授精を行っていても妊娠する事が難しくなっていきます。

不妊症の定義とは

不妊症は一般的に妊娠を希望する健康な男女が避妊をしていないにも関わらず一定期間妊娠しない事を言います。

この一定期間については現在2019年の時点で日本産科婦人科学会より『1年というのが一般的である』と定義されています。

実際に私が不妊症について調べていた当時は1年ではなく2年でしたので更に調べてみますと、日本産婦人科学会は2015年8月29日に2年から1年に期間を短縮する事を発表していました。

私はこの不妊症の定義を知り始めて自分が不妊症に該当している事に気づき『まさか自分が不妊症だったなんて!』と、とてもショックを受けました。

不妊症の割合は

不妊症で悩んでいる夫婦は10組に1組と言われていますが5組に1組とも言われており、晩婚化が進んだ現在ではその割合は更に高くなっているようです。

慌てて基礎体温計を買いに薬局へ

これはすぐにでも行動を起こしたほうが良さそうだと感じた私は、葵が基礎体温を測り排卵日や生理日を予測し子作りのタイミングをはかっていると言っていたことを思い出し、『そうだ!基礎体温計だ!』と慌てて基礎体温計を買いに薬局へ走りました。

基礎体温から見えてくる身体のあれこれ 基礎体温は生理不順の原因分析や経過観察ができるだけでなく、女性の排卵サイクルと深く関連している事から、妊娠を希望している場合は性交タイミングの目安にする事ができ、反対に妊娠を希望しない場合は避妊の目安にする事ができます。

又、妊娠を希望し産婦人科に通院した場合担当医より基礎体温を測っているかどうかの質問をされる事が多く、基礎体温を測っていない場合は基礎体温を測るように指示される為妊活を行う場合は基礎体温計の購入をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました